カットしたりんご7976は、こうして保存すれば変色しないし美味しい

カットしたりんごは、短時間にみるみると茶色に変色してしまいます。これを回避するには、幾つかの方法があります。 まず基本的な方法としては、切断面をラップで覆い、空気を遮断することです。りんごが茶色に変色する理由は、りんごに含まれるポリフェノールとポリフェノール酸化酵素とが、空気中の酸素に触れて化学変化するためです。空気を遮断すれば変色は止まります。とは言え、ラップで包む方法は必ずしも万全ではなく、どこからか侵入する空気で部分的に変色を起こしがちです。 塩水に漬ける方法は、基本的な方法であり、塩分で変色の化学変化を防止できます。ただし、この方法では、塩辛さが味として付加されてしまいます。若干の塩味は甘さを増すとも言われますが、若干とは言え塩味の付いたりんごを好むかどうかは、個人差があります。 オレンジジュースに漬けて保存する方法もあります。オレンジジュースに含まれるビタミンCが、抗酸化物質であるため酸化を防止し、変色も止めてしまうからです。塩水でなくオレンジジュースを使う場合、りんごの味に変な癖を付加しない点が優れています。りんごの味にオレンジの味が少し重なることになりますが、多くの人にとって、それは嫌な味ではありません。むしろ、美味しいと感じる人が多いです。

美味しいりんご7976はここで選ぶ!失敗しない買い物の方法について

りんごは青果店やスーパーで購入するのが一般的ですが、稀に品質が悪い物が混在していることがあります。美味しいりんごを選ぶためには正しい見分け方を知っておくことが重要です。 店頭に並んでいるりんごの良し悪しは果皮の色合いや果肉の弾力性、香りなどで判別出来ます。食べごろのりんごは果皮が鮮やかな赤色で果肉は品種を問わず強い弾力があります。また、甘酸っぱい清涼な香りが出ていることで鮮度を確認することが可能です。果皮の黒ずみや発酵した臭気が出ているりんごは熟れ過ぎて風味が低下しているので避けるのが無難です。また、果肉が柔らかすぎる物はすぐに傷むので注意が必要です。